高円寺のコーヒー専門店、さわやこおふぃの焙煎職人が創る至高のコーヒーをお愉しみいただけます

トップページ
さわやの歩み
職人の横顔
メールマガジン
メニュー一覧
お支払い・送料
リンク集
御問い合わせ
(登録無料)

今月のブレンド
 
 
 
 
 
CONTENTS

2002年11月のブレンド 2002年12月のブレンド

連弾

澄んだばら色の秋空、冬へのいざないのなかに憂愁の想いがあります。
風に舞う落ち葉、銀杏の葉が青朽葉から黄朽葉にかわっていきます。
公園に放置された自転車、 何故か違和感を感じます。
過ぎた季節の想いと訪れる冬の思い、凛と向かいます。
合喝の魅力はバランスのよいハーモニーと
表現力が醍醐味です。


今月はマンデリンをベースに豊穣で魅力的な、
アンサンブルを表現しましたブレンドです。
苦味とコクと独特の香りが特徴です。


創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

クリスマス・キャロル  【夢】

はるか遠い神々の時代に生まれた星の光がキャンドルの炎の中に静かにとけこんでいく。
ときおり、金色の光に輝きながら………
思い出のクリスマスの夜は夢をさがして、どんなに小さい夢でも………
キャンドルの光の不思議な迷路に迷い込む。
教会の鐘の音が空に舞い上がるソリの鈴の音が微かに聞こえてきます。


今月は恒例のさわやが秘蔵しておりますジャマイカ政府公営・ウォーレンフォー ドエステートの
ブルーマウンテン・PBをベースにブレンドしました。
魅力的な風味、繊細で芳醇な香りとコク
希少品ゆえに最高級品と云われております味をご堪能下さい。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主
2002年9月のブレンド 2002年10月のブレンド
星の風

漆黒の宇宙に満天に輝く星座、星の海
宝石のように綺羅めく星、星の風
松林の梢を微かに揺らす風の音
白い衣の波がくりかえし、くりかえす
波の音のしめやかさ、心をゆさぶる
君のいる所に、君のいる所に
白い波をとどけたい。

今月はパナマ産のブレンドです。
創園1927年、名門の農園。
さわやの「一級品主義」が選んだ生豆
味は淡い柑橘系の香り、清涼感。
素材の素晴らしさを理解して頂けたら嬉しいのですが。


創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

ビエモンテ

カプチーノの丘に登れば、
天気さえ良ければ
雪をかぶったスイスの山々が見える。
丘の裾野には、
ポー川がゆったりと青い色をした流れを
みせてくれる。
イタリア北西部、ピアモンテ州、首都トリノ。
アーケードとギャラリーの町、
アールヌーボーの華やかな雰囲気と静けさを
同時にかもしだしている。
トリノには
幾つかの名店といわれているカフェがある。
ローマ通り・カフェトリノ、
その近くにある
サンカルロ広場まえのカフェ・サンカルロ、
サンドイッチが美味しいカフェ・ムラサーノ、
私が好きなポー通りのカフェフォーリオ(FIORIO)
目立たない入り口、シックで落ち着ける店、
珈琲は抜群に美味しかった。

今月のブレンドはコロンビア政府が推奨するエメラルドマウンテン。コーヒーボードがNo.1と自負する豆です。
深秋の季節の中で憩いと心の安らぎ、
焙煎の技を感じてください。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主
2002年7月のブレンド 2002年8月のブレンド

菩提樹

居心地の良い部屋、
梅雨の灰色の雲間から時折薄い青空を覗かせる
CHOPINのEtude”Tristesse”を聴く
音にも色を彩ける様に味にも色をつけてみよう
新しい味を微に入り、
細にいり探求して協奏曲のような
豊かな感性を持ち
狂想曲のように独創的さに感奮する。
「ひとつしかない」味を創る。

今月のブレンドはケニアのリフトバレー
気温、雨量に恵まれた高地産。
明るくクリアな味、五感を刺激する豊潤なコクと香り。
色をつけるなら菩提樹の花のもえぎ色。


創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

りゅう座

時代のからくりは常に新しい事に挑戦しています。
伝統と偉大な文化遺産の町、京都。
久しぶりに旅をした。
名園や社寺は昔と変らぬ落ちつき。
町中も一見変わっていない様にみえる。
しかし、自分の心“あぶり絵”とは違って、
時の流れを感じる。
“恋する者は目でなく心で見る”
さわやの味の思想はプロフェッショナル、
美味しさの中に思想を生み出そうと
ブレンドを創ります。


今月はザンビア産。 農園の管理が充分に行なわれた
水洗式処理のブルボン種、 青緑の豆
味はコクと甘味をやさしい酸味が
バックボーンとなって、美味しさの幅の広さを生み出しています。


創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主
2002年5月のブレンド 2002年6月のブレンド

ファウスト  Faust

五月の薫風と傾きかけた夕日の陽が差し込む
アッシジの丘の上の聖フランチェスコ大寺院
見上げる丸天井のステンドグラスが艶やかな
色彩のなかに天使やマリヤが舞う
何故か自分一人が一瞬の静寂の宇宙に浸る
墓標が描かれた石板の床に立っている
飾りなく優しさに心が癒されていく
家族の温もりが懐かしい
明日のために、今日を過ごそう

今月のブレンドはWTO推奨のブルンディAAをベースにしました。五月の風をイメージしてやさしい香りと酸味、生き生きとしたコクを感じさせます。飲む方の想いや喜びを共感することが出来れば、味を創る原動力となるのです。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

きらら

新緑の若葉が初夏の装いのなかで
濃緑に葉を茂らせている。
名もない小さな小川の流れ、きらきらと輝く太陽の光に反射する雲母の石、木漏れ日に光る苔。
樹齢200年を超すブナの木の幹に両手を一杯に広げて、 頬を触れれば冷ややかさな中に命の息吹を安らかに感じる。
生きている実感。悠久の時。森羅万象。
深層のなかに一人の自分。

今月のブレンドはシンプルが基本。ベースはコンゴ・アラビカ、高地産特有のコクと酸性。 ブレンドを創ることは同じことの繰りかえしであるように見えてもそこには 『そのときかぎりのただ一度きり』。としての重みがあります。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主
2002年3月のブレンド 2002年4月のブレンド
春の風

一枚ガラスの窓枠で縁どられた、外の満開の紅梅、一枚の絵のようです。
時より冷たい早春の風が、木々の梢を微かにゆらしています。 外と内の景色は異なっていても吹いている風は、自然のリズムと私の心のリズムが一つになっています。
“風のなかに誰かかいる”
ガラス窓を通して響きのない風、心の中の風清らかな光の息吹の春の風。


今月のブレンドはコロンビアベースのヨーロッパ嗜好のバランスの良い味です。
あくまでも素材にこだわって焙煎の技術と店主流のブレンド創り、熱いコーヒーの温もりを、春を待つ心に感じていただければ幸いです。


創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

さくら

この日がくることを信じて
かならず幸せな気持ちになれる日がくると
待ちつづけて
新しい門出は希望に満ちて
日の出のように気高き輝き
心から「よかったね」と言える
愛でる心と夢はいつまでも。


今月は、さわやこおふぃの創業70周年の記念の年でございます。 創業者、二代目につづいて伝統の味創りに次代をになる若い職人が初めて挑戦する初陣のブレンドです。ベースはスマトラ・マンデリン、特徴的な風味とコクと程よい酸味がミックスされてますのでご賞味下さい。創業者、二代目につづいて伝統の味創りに次代をになる若い職人が初めて挑戦する初陣のブレンドです。ベースはスマトラ・マンデリン、特徴的な風味とコクと程よい酸味がミックスされてますのでご賞味下さい。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主
2002年1月のブレンド 2002年2月のブレンド

福豆

新年奉賀候  2002年
時を超えて、受け継がれてきた、味と技術、
1993年創業以来、香り高く優れた個性のあるコーヒーを誠心誠意、心をこめて創ってまいりました。
珈琲に対する情熱と熱意はブランドを生む……と思っています。
"さわやこおふぃ"はブランドです。


 
新春のブレンドは、メキシコ産サンタカタリーナのマラゴジッペです。ヨーロッパにおいて主に愛飲されておりますこの珍品をさわやこおふぃの伝統のロースティングとブレンドの業をご堪能頂ければ幸いでございます。 味は軽い苦みとコクと風味の良いバランスのあるコーヒーです。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主

ロウンリ・マン  lonely man

白い花と蕾、二月の寒さに健気に咲く侘助
チャイナタウンの行きつけの小さな中華料理店で遅い食事を済ませ外に出る。
路地から港に通じる人通りの途絶えた海岸通り、街路灯が微かに瞬く。
海の見えるホテルのピアノバー。
とうの昔、低くたれ込めた雲、霧の日。
カウンターのイスに並んで、何も語らず
空のグラスを見つめていた青春時代の
ほろ苦い別れのセレナーデ、
永遠につながる時間

今月はキューバ・クリスタルをベースにしたブレンドです。 エクセレントな大粒の青い豆、華やかな香りと酸味生き生きとしたコクのある強さ忘れがたい魅力のある味です。

創業 1933年 高円寺
(有)さわやこおふぃ 店主


さわやこおふぃ 東京都杉並区高円寺北

営業時間 午前9時30分〜午後8時
info@sawaya-coffee.co.jp

定休日 日曜日

 

Copyright (C) 2013 さわやこおふぃ All Rights Reserved..